drugs online

registration 日本におけるモダン・ムーブメントの建築

  • 130 大多喜町役場

    • 今井兼次(改修・増築 千葉学)
    • 大成建設
    • 1959年、今井作品の中でもモダニズムの真髄を的確に表した建築。農村地帯の大地の広がりを平屋建て(一部2層)で表し、9.0mワンスパンのラーメン架構による打ち放しコンクリートとプレキャストコンクリート、鋼製サッシの組み合わせは明快なファサードを構成している。今井のガウディへの憧憬から、陶器の破片を組み合わせた壁画が登場する最初の作品でもある。
    • 1958年
    • 千葉