drugs online

registration 日本におけるモダン・ムーブメントの建築

  • 227 自由学園南沢キャンパス(門、初等部/食堂・教室、女子部/食堂・教室・回廊・体操館・講堂、男子部/教室・体操館)

    • 遠藤新
    • 施工者不明
    • 南沢キャンパスは、遠藤新が羽仁先生との合作だと書き残すほど建学の精神を最も良く表した建築群である。東京都の武蔵野の雑木林の風景が残るひばりヶ丘から学園町までの美しい住宅街は、自由学園南沢キャンパスの存在によって成り立っているといっても過言ではない。キャンパス内の遠藤新による建築が作り出す環境は、地所の自然を捉えて人と自然を仲介する役割を遺憾無く果たしている。これは遠藤新の有機的思想の集大成であり、我が国における学校建築のなかでも一つの理想を実現させた重要な作品群と言える。
    • 1929-1943
    • 東京