drugs online

registration 日本におけるモダン・ムーブメントの建築

  • 209 清心高等女学校(現:ノートルダム清心女子大学 ノートルダムホール本館・東棟)

    • A.レーモンド
    • ⼤林組
    • アントニン・レーモンドが、師であったフランク・ロイド・ライトのもとを去り、独自の作風で設計した建物で、日本における初期モダニズム建築として高く評価できる。また、レーモンドが提唱した建築五原則「単純さ・正直さ・直截さ・経済性・自然さ」を見事に表現した建物でもある。この建物は、当時からほとんど外観・内観とも大きな手が加えられず、建物用途も学校として使われ続け、保存・活用されている意義は大きい。建物内部の洗い出しによる廊下床、洗い出しによる階段と手摺、鋼鉄製の窓枠、窓ガラス、ステンドグラス、木製扉、窓下磁器タイル等に至るまで、ほとんどの内装材は当時の状態で使用されている。 日本における初期モダニズム建築としての評価と、アントニン・レーモンドによる初期の建築作品として貴重な建築文化遺産といえる。
    • 1929
    • 岡山