DOCOMOMO JAPAN について

DOCOMOMO JAPANは、1998年DOCOMOMO本部からの支部設立の要請を受ける形で日本建築学会の歴史意匠委員会下のドコモモ対応ワーキングとして活動を開始しました。本部国際登録委員会からの宿題として、各国における20件の近代建築を選定する作業を中心に、活動を行いました。その活動の経過を2000年1月から神奈川県立近代美術館を会場に、文化遺産としてのモダニズム建築展と題した展覧会にし、北九州、神戸、高崎を巡回いたしました。
また、この20選は、2000年9月ブラジリアで開かれたDOCOMOMO総会で報告され、展覧会等の活動が評価を受け、DOCOMOMO Japanは正式に支部として承認されました。特にJAPANの成立はアジア地区で最初のものであり、DOCOMOMOの活動がアジアにおいてさらに展開していく上で重要な動きとなりました。それを受けるかたちで、2003年5月に、DOCOMOMO KOREA設立の動きがあり、同年11月の設立集会に日本から二人が参加いたしました。2004年からは、メンバーを一般に募集し、広く活動への参加を呼びかけます。


DOCOMOMO Japanへのお誘い

近代建築に興味と情熱をおもちの方なら、誰でも参加できる国際組織がDOCOMOMO Japanです。2000年にブラジリアでの総会で正式に承認されて以来、パリの国際本部との連携のもとで、日本の近代建築の記録・保存・評価・調査など、幅広い活動を行っています。専門家としての参加、学生として、ファンとしての参加など、どのようなかたちでの参加も歓迎します。 DOCOMOMO Japanはこれまで日本の近代建築のリスト(100件)を整備しながら、展覧会、見学会、シンポジウム、研究会、国際交流などを行ってきました。こうして記録されてゆく近代建築のリストは、今後ユネスコの世界文化遺産の登録につながってゆくものと考えられています。こうしたリストを拡充しながら、今後の活動はさらに幅広く、多様に展開してゆきます。ぜひDOCOMOMO Japanにご入会ください。

会員の種類と入会の手続きについてはこちらをご覧ください。


DOCOMOMO Japan 組織

代 表:松隈洋 (京都工芸繊維大学教授)
副代表:山名善之 (東京理科大学准教授)
幹事長:渡邉研司 (東海大学教授)
事務局長:亀井靖子 (日本大学専任講師)
監 事:深尾精一(首都大学東京名誉教授)夏目勝也(夏目建築設計事務所所長)


事務局

日本大学生産工学部建築工学科 亀井研究室
〒275-8575 千葉県習志野市泉町1-2-1


Email: docomomojapan@yahoo.co.jp
Homepage: http://docomomojapan.com/